スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンポーの白いヤツ(笑)

It's a SONY!<第六回>


画像 038_e画像 039_e『Cyber-shot DSC-W30』(2006年3月)

『DSC-W1』から始まる比較的エントリーユーザー向けのシリーズ(らしい)
当時のレビューはコチラ
特に突出した性能や特徴があるワケでも無いのですが、軽量コンパクトボディなので
持ち歩きには良いですね。
この『DSC-Wシリーズ』は現在でも『DSC-W630』が2012年2月に発売されました
が、仕様表を見るとSONYご自慢の『裏面照射型CMOS』『SONY G レンズ』
ではなく、従来型の『CCD』『ツァイスレンズ』です。
既存の技術を流用し安上がりに仕上げて安く売ろう的な。

話がそれましたw

〇買った理由
 買ったのではなく「貰い物」です。本体とバッテリーのみでした。
 理由は「動かないからいらない」と。
 本人もこの状態で入手したらしく充電器もメモステもないので使えねーと判断
 したのでしょう。
 ちょうどデジカメにハマり始めた時だったので嬉々としてありがたく頂戴しました。

〇作例
 この記事を書くために久々に持ちだして撮って来ました。

画像 062_e画像 049_e画像 112-1_e画像 073_e

 ところが、久々に持ちだして撮って来ましたところモードダイヤルが不穏な動きを
 見せるようになりまして。撮影モードを行ったり来たり・・・

 ついにタイマーが発動しましたかねw

〇お値段
 貰い物なのでダータですが、相場では数百円~箱付き美品でも3~4千円てトコ。
 プレミア価格では無さそうなので入手は容易でしょう。
 今さら買うのもどうかと思いますが・・・

個人的総評
 操作性も写りも悪くないし、軽くてコンパクトで持ち運びも悪くない。
 見た目も良いし、安価に入手できるのでもったいぶらずに使えると。
 お散歩カメラとしては良い部類。マニュアル撮影が出来ないのと小さめCCDサイズ
 なので画はそれなりですが、工夫すれば結構楽しめます。

 ただ最近の目で見れば液晶は2型で小さいし、手ブレ補正も無いので撮影には
 ちょと気を遣いますね。
 でもソコ以外はクセもなく良い機種ですよ。マクロも意外と良いっす。

 コイツを思いがけず入手したことにより『W300』に興味を持ち、ソコからSONY
 製デジカメにがっつりハマリました・・・罪なヤツですw


ソレはともかくSONYデジカメのモードダイヤルは鬼門ですね。最初の『W300』も
モードダイヤルがダメで撮影モード変更不可の不具合が出たし・・・

直すのはワリと簡単ですが、部品取り1台買うのもバカバカシーかな、と。


さーてと次回は以前取り上げたコイツです。

画像 007_e『Cyber-shot DSC-W300』(2008年5月)

あらためて「結構良いカメラじゃんw」と再認識。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。