スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとカメラ!カメラ!カメラ!

It's a SONY!<第三回>


画像 001_e画像 005_e『Cyber-shot DSC-U50』(2003年9月)

『DSC-U**』シリーズの最後の方に出た機種。これの前に『U30』と『U60』という
機種もありましたが、この『U50』を経て『U40』で『U』シリーズは終了したようです。
型番の数字と時系列がメチャクチャですけどw

性能は『U20』と同じ200万画素ですが、レンズ部が独立しフリーアングル撮影が可能
に。本体サイズは若干長くなりましたが、よりスタイリッシュな感じです。
ハイブリッド液晶採用で屋外での視認性が良くなったそうで。

画像 006_e


〇買った理由
 『U20』からの流れ的にw
 キワモノ、と言うよりアイテムとして物欲を刺激してくる一品ですね。

〇作例
 『U20』と変わりませんので割愛・・・とゆーワケにもいかないので以下数点。

画像 045_e画像 077_e画像 091_e画像 080_e

 残念ながら私が入手した個体はCCD不良のジャンク品な為に全体的に白くモヤが
 かかったような画しか撮れませんでした・・・

〇お値段
 オクでの価格では数百円からありますが、その金額だとほぼジャンクです。
 本体のみの動作品で3~5千円。箱つきの程度の良いものだと1万数千円まで
 跳ね上がります。めったに出ませんけどね。
 ほとんどコレクション目的だと思いますがソレにしてもすごい高値ですよ。
 10年近く前のたかだか200万画素のデジカメでこの値段・・・


個人的総評
 『U20』と比べ撮影に手間がかかります。ボタン押して電源をON。
 レンズがむき出しなのでレンズキャップを外してレンズを被写体に向け撮影。
 またレンズキャップを装着し電源をOFFにするためボタンを押す。

 なにやらチマチマと手間がかかってしまうトコロが×です。

 「最強スナップ機の末裔」とは言えませんね。CCD不良でもあるし、元はと言えば
 コレクション目的だったので、出番は無さそうです。
 見た目は一番スタイリッシュでかっこいいんですけどねぇ・・・


さて次に控えますのはコチラです↓

画像 165_e『Cyber-shot DSC-L1』

ヨーモニー(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。