スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パワーアップはどしたんだい?ベイベー?」「いや・・・それは・・・あの・・・(;´Д`)アウアウ」

昨日の朝は数日ぶりにバケツの水に氷が張っていました。
終日通して寒い一日のうえに夜番のアルバイトが体調が悪いということで途中で早退。
中番勤務だったのが遅番勤務に変更となりました。いたしかたなし・・・


前々回「パワーアップしてFFをもっと快適にプレイしたいぜベイベー計画」などと銘打っておきながら
当方の未熟さからまったくパワーアップするコト無く元の状態で依頼人に返却された PT8310A。
Junkerを名乗るのもお恥ずかしい限りだが、あれはあれで善かったのかもしれないと思っている。

依頼人の目的はあくまでも修理であって、闇雲なパワーアップを望んでいたワケではなかったからだ。
結果的に修理は完了し手元に無事戻ったのだから、依頼内容は全うしたのではなかろうか?
そう考えるコトにした(負け惜しみにしか聞こえない…)

前回までは誰にでも簡単に出来るような修理レポだったのだが、今回はHDDの交換について取り上げてみる。
少しはジャンクPCのブログっぽい雰囲気になるかな・・・

今回預かったPC はHDD 内にリカバリ領域があるのだがCD も付属する。このCD、実はただのカギにすぎない。
CD からブートするとなんらかのソフトが起動し、この時点で多分BIOSチップあたりからハードウェア情報を取得。
間違いがなければその後HDD のリカバリ領域からインストールが始まる仕組みになっている。…と思う。

試しに他のPC でこのCD からブートしてみたが「このコンピュータは指定された製品ではございません」
とメッセージが出るだけだった。そりゃそうだろう、そうでなきゃ困る。

とゆうことは単純にHDD を換装しただけではリカバリは出来ない。換装する新HDD にもリカバリ領域が必要なのだ。
HDD を丸ごとコピーする為のソフトはたくさんあるということは知ってはいたが手元にはナイ。

かといって今回の為に数千円のソフトを買おうなんて気にもなれなかったので、フリーソフトで探してみたらあったw

「 EASEUS Disk Copy 」

このソフトの使い方等はちょっとググれば山ほど出てくるがコチラのページが丁寧で判りやすかった(感謝)
ちなみに日本語化もあるようだが英語のままでも特に難しいことはなかった。強いて言えばコピー元と
コピー先のHDD を間違えないようすることだけは気をつけないと、2台のまっさらなHDD になってしまう。

ついでに言うと、コピー先HDD はUSB の外付けにも対応するが、結構な時間がかかってしまった。
容量が大きいモノなら内蔵にした方が早かったのも付け加えておこう。

160G のHDD を320G のHDD にコピーするのに要した時間はおよそ2時間弱だったと思う。
4GB のリカバリ領域(FAT32)とCドライブ(NTFS)とEドライブ(NTFS)の3つのパーティションで新HDD が出来上がり。
残りの160GB はあとからパーティションを切っても良いし、Eドライブに結合することも出来るので無駄にはならない。

旧HDDのSATA ケーブルを引っこ抜き、新HDD 側 に差し換えて起動。BIOS からも新HDD が認識されているのを確認してから
リカバリCD をセットして再起動。

「これから本体を工場出荷の状態に復元します。よろしいですか Y / N?」とコメントが出たので当然Y。

そこからは普通のインストールと何ら変わりはないので割愛。無事にウィンドウズが新HDD にインストールされた。

ウィンドウズアップデートを行い、一通り使用してみた感じはかなり快適だった。
旧HDD と比べてシークタイム、キャッシュ容量とも上回っているのだろう。反応の素早さが体感できる。

ここだけは今回の修理内容のなかで満足できるポイントだった。容量も160GB →320GB へと2倍に増えたしw
「今時320GB かよっ!?」とゆうツッコミはご容赦下さいw

こうしてHDDの交換も済み、若干のトラブルもあったが晴れて依頼人の元に帰っていったPT8310A。

やっと肩の荷がおりた \(^o^)/オワタ

コレでやっと苗床に手をつけられるのだがソレはまた次回に・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。