スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせ私はヨゴレなんです・・・

『carrozzeria CDS-P5000を整備しよー』 <その2>


前回の終わりに「ある程度の想定」と書きました。書いた以上はナニかを明かさなければ
なりますまい。

『 ヨ ゴ レ 』 です。

・・・もったいつけたワリに・・・すげーツマンナイ答えですケド・・・ 何 か ?





スイマセン、スイマセン・・・(´Д⊂ヽ




CDドライブの不具合のウチ、実に90%以上はピックアップレンズの汚れが原因という
学説があります。ウソです。ありません。

今回の症状は『どーかして、たまーには読み込める』状態です。
『読み込める』とゆうコトはちゃんと『再生出来て聴ける』状態なワケです。

とゆーコトは、100%とは言い切れませんが制御系に関しては不具合はナイのでは?

ならば駆動部か?とも思いますが、ココに関しては『そう』とも言えるし『違う』とも
言えるでしょう。

『ヨゴレ』は何もピックアップレンズだけに限った話ではなく、駆動部のグリスに付着する
汚れもあります。

駆動部(主にモーター周辺とギヤー関係)には例外なくグリスが塗布してあり、グリスに
ホコリや動物の毛や砂などが付着すれば、正常動作の妨げになるのはあきらかです。

答えが見えてきましたね。

ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・

「退路なんて、もうねぇんだよっ!」

ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・ ざわ・・



カイジごっこなんかやってねぇで、さっさとやれや、ゴルァ(#゚Д゚)」

ハイ、分解ですね。さっさとやりましょう。

以下、分解手順です。おおっと、以下、自己責任ですw

DSCF1058_e.jpgDSCF1059_e.jpgDSCF1060_e.jpg 
前面パネルはツメではまっているだけです(計6ヶ所)

DSCF1062_e.jpg パネルが外れました(フラットケーブル注意!)

DSCF1064_e.jpg 天板は噛み合わさっているだけだったのですぐ取れます。

DSCF1065_e.jpgDSCF1066_e.jpg ドライブユニットはネジ止め(計4ヶ所)

DSCF1073_e.jpg ドライブユニットを外します(フラットケー(略

基盤をざっと見るも異常はナシ。やはりドライブユニットの方に原因がありそうですな。
ピックアップレンズを清掃しようと思い・・・

DSCF1083_e.jpg ・・・探す

DSCF1081_e.jpg ・・・いたw

ところがピックアップユニットを隠している天板が外れない・・・

あきらめて天板の隙間に無理やり綿棒(清掃用アルコールを染み込ませたモノ)を突っ込み
そ~っとレンズを撫でてみる。目視確認は出来なかったけど多分大丈夫でしょう。

DSCN0703_e.jpg ドライブユニットを裏返して

DSCN0705_e.jpg ピックアップユニットのレール部分の古いグリスを綿棒で取り除く

キレイになったら新たにグリスを塗布。今回使ったのはコレ↓

DSCF1093_e.jpg 東レ・ダウコーニング社製シリコングリス(1キログラムってw)

ちなみにCPUクーラーなんかにもコレを使ってます。いつになったら使い切るんでしょうw

グリスアップとレンズの清掃はコレでおしまい。おそらく直ってるでしょう(根拠ナシ)

ちなみに、幸いなコトにこの機種にはベルト駆動部分が見当たりませんでした。
もしベルトが経年劣化とかでヒビ入ってたりスレてたりノビてたりしてたらアウッ!でした。
ゴム部品だけは再生が出来ないし、部品の取り寄せとかメンドイっすからw


とりあえずあやしいトコロはあたってみたので「直ってんじゃね?」的なコトを楽天的に
考えつつ元通りに組み立てて動作確認を・・・



・・・っと、ココで問題発生っ!!


以下、次回・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。