スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンスタンドって、どんな仕事するの?

『たまにはクルマのコトもとりあげよー』


ガソリンスタンド店長のブログでジャンクPCネタばかりやっていて「コレでいーのか?」
という疑念を抱いたので、ちょっとクルマのことを取り上げてみませう。

ガソスタでの仕事といえば、やはり給油と洗車がメインとなるわけです。
ま、ソレは良いんです。洗車とか大好きですし。
本当のトコロ、給油と洗車だけで経営が成立するならばソレばっかりやっていたいんです。

オイル交換だとか、タイヤ交換だとか、車検代行だとか、水抜き剤だとか・・・
そんなコト・・・し た く な い ん で す っ !正直なハナシ。



おもわず愚痴っぽくなってしまいましたが、話を戻して。
本当に洗車は好きなんです。他人のクルマでも汚れていたのがキレイになるのは嬉しいものです。

もっとも洗うのは洗車機ですが。

ところがいかに最新鋭の洗車機を以ってしても、人間の労力を費やしてもどうにもならない
汚れがあります。『経年劣化』とゆーヤツです。

クルマの塗装は年々色が褪せていきます。紫外線とか風化とか洗車キズとか酸性雨とか・・・
要因は色々あるのですが、コレは避けようのない現実です。

ソレを防ぐ為には・・・
『シャッター付きのガレージから車を出さない』
『クルマを外気や雨に晒さない』
『クルマに乗らない』

ハイ、どれも一般的には不可能に近いですね。乗れなければクルマを所有する意味がナイですから。
クルマはかんたんに言うと道具です。早く、快適に、たくさんの人や荷物をA地点からB地点まで
輸送する為の手段です。そして道具であると同時に財産とも言えます。昔で言うと農耕馬や牛車が
財産だったのと同じなんです。


また話がそれました・・・だから『経年劣化』なんですよ。

塗装の劣化はある程度ならば防ぐ(劣化を遅らせる)コトが可能です。
新車時のポリマー施工や、普通にワックス等を掛けて手入れをするだけでもかまいません。
それだけで少なくともそのクルマを手放すまではキレイな状態を保てるでしょう。

と こ ろ が っ !

ソレだけでは防げない部分があるんです。

DSCN0632.jpg ご存知ヘッドライトのレンズです。

今、一般的に走っている乗用車(トラックは除く)のヘッドライトのレンズは、ほぼ例外なく
『ポリカーボネイト樹脂』と呼ばれる・・・早いハナシがプラスチックみたいなので出来ています。

こいつは弾力もあり剛性もあり耐久性もあり成形も色も自由自在と、万能の素材なんですが
ソレでもやはり『経年劣化』には逆らえないようで。

正確にはレンズ表面に耐久性を高める為のコーティングが施されており、そのコーティングに
よって紫外線や酸化からポリカ樹脂を守っているのですが、そのコーティング層自体が劣化して
しまうと、その下のポリカは「アッー!」っという間に曇ってしまいます。

よくヘッドライトが黄ばんでいたり、曇っているクルマを見かけませんか?
アレはすべて『ポリカーボネイト樹脂とコーティング層の劣化』です。

コレもある程度は防ぐことが可能です。
『シャッター付きのガレージから(略』 『クルマを外気に(略』 『クルマに乗(略』

やはりどれも一般的に不可能ですね。

曇っちまったモノはしょうがない。なんとかしましょう。

ソコでコレですよ。

DSCN0638.jpg ヘッドライトクリーナー(業務用)

コレで磨いて、表面のくすみや曇りを強制的に排除するワケです。

では早速やってみましょう。

っと、長くなったので今回はココまで。
次回は施工手順を画像付きの豪華版でお送りします。

といっても、たいしたこたぁしないんですけどねw




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。