スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20 years later



転職活動は一旦お休みいたしまして
本日は1月17日です。

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒
(wikipediaより抜粋)
阪神淡路大震災から20年が経ちました。

失われた全ての尊い魂に祈りを。


そして、今回の写真は震災に関わるものです。

DSC03597_e.jpg
新幹線の橋梁

画像の真ん中、白い部分がお分かりでしょうか。
これは橋梁の倒壊を防ぐべく、後から補強した部分です。

コンクリート支柱にコの字型の鋼材が巻き付いています。
これだけで耐震強度が大幅に上がるそうです。

DSC03600_e.jpg

過去の経験を教訓とし、将来起こりうるであろう天災被害に備え
安心安全な生活を送るための人間の知恵です。

日本全国の橋梁に補強が入るまでには、まだまだ時間がかかるでしょうけど
一歩また一歩と安全な将来を築いていきたいですね。

でも、


どんなに安心安全な生活環境が構築されたとしても


戦争が無くならない限りは・・・ね・・・

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

震災の経験を活かして

このような補強で大丈夫なんですね!
阪神の橋脚倒壊はショックでした
その先にバスが引っかかた状態は恐ろしかったです。。。

建物に筋交いをしたりしてますが
実際どうなんでしょうね

そうそう
戦争は絶対にダメです・・・

Re: 震災の経験を活かして

>CATMOON様

コメありがとうございます(^^)

横揺れに対する倒壊の危険性が減るらしいです。
本当ならば全て新しく作りなおすのがベストなんでしょうけどね。

”筋交い”って大事ですよ!無い状態よりも遥かに強度は上がります。
後から追加で補強するのは・・・でも無いよりかはマシですね。
ちなみに私、工業高校建築科卒であります (-_-)ゝキリッ!

戦争とテロは無くなって欲しいです。

No title

ss standmanさん、おはようございます!

このコの字の抜けてる面を橋脚ごとに変えていったりするんでしょうね。
しかしよく見てるなぁ。

うちの家の近くに最近できた橋脚は脚と上の梁との間に少し力を逃がすのかな?よくわからない隙間が始めから用意されてるみたい。
理屈がよくわかってないので、あんなんでいいの?と不安になるがw


・・・ハッ!
さては次の仕事は道路公団!w

Re: No title

>かさばる兄さん様

おあざっす(^^)

コの字型鋼材の補強は製造と施工に手間がかかりますが
作りなおすよりは遥かに早いし安上がりでしょう。

新規で作られた橋脚や橋梁は最初から耐震構造で出来ているので
後付のこんなのは巻かれていないと思いますよ。

隙間に見える所は横揺れと直下に対するクッション構造だと思います。
今の耐震は応力を受け止める部分、逃がす部分、頑丈な部分の組み合わせですからね~

道路公団・・・入れるものなら入ってみたいです。
でも盆暮れ正月休みの無い仕事はもう避けたいなぁ・・・
プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。