スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下半身を買う?←アダルトカテゴリじゃないよ

「クゥエートが原油を無償提供」というニュースが飛び込んできました。
言うまでも無く原油はガソリンのみならず、産業、経済、生活のすべてにおいてなくてはならない
必要不可欠な物資であり、しかもそのほぼすべてを輸入に頼っている天然資源です。
クゥエートに限らずアメリカ、ロシア、中国他からもかなりの量の天然資源が日本に支援されるとの
事です。こんなときばかりで不謹慎極まりないですが、本当にありがたいと思ってしまいます。

それに比べて現政権である民主党は揮発油税の一時引き下げ制度、いわゆる「トリガー制度」を当面の間
凍結すると正式に発表したようです。復興支援の資金確保を最優先という理由はわかります。ですが、どうにも
復興支援という大義名分の元に自分たちの人気取りの為の愚かな政策(マニフェスト)を無かったことに
してしまおうという策略が裏にあるような気がしてならないのですが・・・


「SONY VAIO PCG-FX33S/BP」を直そーっ!Ⅱ

前回、マザーの露出まで行ったVAIOノート。
正直言うとここから先はすごくメンドクサイ領域になっていくので、この時点で出来る限りの観察および検証を
試みる。この時点で原因がわからなければ、これより先は完全バラシの上、マザー交換が視野に入ってくるので
リスクとメンドクサさが急上昇してしまう。何としてもソレは避けたい。

なにしろコレはいくら壊れているといっても他人の所有物なので、万が一にも
「ドコが壊れているか判らなくてバラバラにしちゃって元に戻せなくなっちゃったけどゴメンネwww」
では済まされない。

ここまでで判別し得たコトは

 ① 目に見えるコンデンサやチップには目視での異常は見当たらない。
 ② 電源コネクタのガタツキ等はなさそう。
 ③ とりあえずボタン電池を新品に交換してみたが変化ナシ。
 ④ メモリとの相性問題ではなさそう(手持ちのメモリで検証済み)

といったところ。ハンダクラックなどはマザー裏面を見なければわからないので、この時点では判別不能。

「・・・むぅ・・・やっぱり完バラでマザーを交換するしかないかなぁ・・・('A`)マンドクセ・・・」

もしもの為にオクにてマザー品番「MBX-49」で検索すると・・・あった、あった。
マザー単体での出品もあるし、本体の下半身(要はモニター無しの状態)も出品されている。イザとなったら
下半身丸ごと交換でHDDのみ換装が一番手っ取り早いしリスクが少ないかも。

などとナナメ後ろ向きに考えながら、久々に引っ張り出したテスターにて導通テストをしてみてもやはり
異常は見当たらない。

「・・・むむぅ・・・ところで、ACアダプタからはちゃんと電流がきてんのかな?」

本体ばかり気にしてACアダプタを全く疑ってなかったコトに気付き、早速テスト。すると・・・



DSCN0260.jpgキタ━(゚∀゚)━!・・・じゃないっ!、コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!! 

やられた・・・全然電気が来てない。 出力電圧19Vのアダプタで60.7mVってマジっすかっ!?
「いや、このテスターが壊れてるのかもしれない」と思って別のACアダプタにて確認。

DSCN0261.jpg出力16Vの富士通ノートPC用アダプタで16.25Vなのでテスターは異常ナシ。

・・・とゆーコトは・・・

「アダプタ\(^o^)/オワタ」ってコトですね。

早速オクで「PCGA-AC19V2」で探す→スグ見つかる→即決価格で落札→届くまで + ワクテカ + しながら待つ。
送料込みで¥1,400ナリ。動作確認済みの中古品で1ヶ月保証がつくなら安いもんでしょう。

っとゆうことで、バラシた本体を元に戻して後はアダプタの到着待ちという状態に。

・・・いままでしてきたコトはまったくの徒労に終わってしまったけど、コレで使えるようになるんだから
「SONY VAIO PCG-FX33S/BP」を直そーっ!はコレにて終了 \(^o^)/バンジャーイ




いやいやいや、待て待て待て。
コレでACアダプタが来たからといってそれで動作するとは限らないから。もしソレで動かなければ
事態はさらに深刻になるわけだし・・・


「・・・やっぱり動作確認済みの下半身も買っておこうかなぁ・・・」

「下半身を買う」ってなんかビミョーw

つづく




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。