スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぬぅうすんだブァアイィクゥではぁぁあしぃりぃだぁすうぅ・・・」

本日、ちょっと気がかりな噂を聞きました。
なんでも原発の稼動停止により足りなくなった電力を火力発電などで補うとのことで軽油(とか重油)の入荷が
少なくなるのでは?とのことです。
燃料油の供給が順調になり始めた矢先のことでガセネタであって欲しいと思うのですが、現実問題として
ありえない話でもなさそうな気がします。
もうしばらく混乱が続いてしまうのでしょうか・・・


前回「お気に入りのケースで現役として使えるPCにしてみよう計画」と銘打ったワケだが・・・

「父さん・・・実はコレ・・・起動不能だったワケで・・・」

入手した際にいろいろとやってみたのだがダメっぽいので、わりとあっさりあきらめた
「パワーアップして現役として使えるPCにしてみよう計画」はこれにて終了。

ご静聴ありがとうございました。





「まだだっ!まだ終わらんよ!」

多分マザーがダメだと思うのだけどP6世代マシンにコレ以上の手間をかけたくなかったというのが本音だったりする。
こんなにちっこいのにmicro-ATX のマザーとATX 電源が使えるのもナイスなポイント。とゆーわけで・・・

「ケースだけでおk! 中身を全とっかえでPentium 4マシンにしちまえ計画」へと変更っ!

ただ単にPentium 4 2.6GHz(Northwood)が一つ余っていたので・・・ソレだけの理由なんですけどね・・・

「とにかくもう・・・P6機には・・・帰りたくナイイイイイィィィィッ!」

っと、オザキばりのシャウトをキメてみたところで、コレ

20996a.jpgAopen MX4SGI-4DL2 micro ATXのsocket478マザー Celeron 2.66付きw

このマザーを買うのは初めて。だが、ソレより以前に同じくAopen のAX4SG-UL なるマザーを使っていた。
(ついこないだまでウチのメイン機だったのだが、先のSOTECに座を譲り今は2nd 機)

ナニを隠そうMX4SGI-4DL2 はPCIスロットの数が違うだけのAX4SG-ULのmicro-ATX 版だったりする。
ソケットタイプもチップセットもメモリもFSBも各種ドライバも全て共通なので使い回しが利く。ついでにAGPスロット
このマザーを選んだ理由はそれだけなのだが。

ところでメーカーPCの改造となれば、まずはWEBで情報を収集してからが基本なのだが、
この機種はWEB上に情報が少ない。とゆうか全くナイ。改造どころか修理の一つもナイ。

同じEPSONでも「Endeavor」は結構見つかるのだけど、この「EDiCube」はホントに情報が少ない。
値段のわりには売れなかったのだろうか?


とりあえず今回はここまで。
次回からいよいよ「中身を全とっかえでPentium 4マシーンにしちまえ計画」をやっつけていきたいと思う。

つづく



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。