スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目で選んでナニが悪いかっ!

本日もお店は「休業」でして、これでもう1週間もお店を開けていません。
まわりの目もあるので一日も早く営業再開したいのですが、何しろ売る「燃料」の入荷がありません。
店頭在庫でお得意様のみに細々と供給している状態です。
ただし関東近郊の燃料の配送はかなり進んできているようなので、あと2、3日もすれば今の「ガソリン不足」の状態は
かなり緩和されるのではないかと思っています。
早く通常営業に戻りたいのですが・・・



久しぶりにジャンクな内容で更新。

そういえばここんとこ多忙にかまけてぜんぜんPC関連のコトができなかったので、ここらでいっちょ
本流に戻してみましょか。

今回のエモノは「EPSON EDiCube TP1040RV」

images645517.jpgメーカーHPより抜粋

詳細はまだ「EPSON DIRECT」のページに残っているので割愛・・・するのもなんなので以下に記述。

Pentium Ⅲ 1GHz
インテル 810Eチップセット 
参考小売価格 TP1040RV 9万6800円w

まぁ、いまさら書く程のモノでもないんだけどsocket370のペンⅢ機で、添付のライセンスキーはwindows Me (古ぅ・・・)
本体正面にも「Pentium Ⅲ」のシールが貼ってあるので一目瞭然の年代モノ。
値段を見る限りではそれほど高級機ではないと思う (以下画像はすべて現在の仕様に変更後のもの)


ソレにしても見た目が良い。入手したときは多少の黄ばみが気になったが、サイドパネルの緑色がすごくイイッ!
PCラックにしまってサイドパネルが見えなくなるのがいやなのでラックの一番上に置いていつでも見える状態にしている。

DSCN0110.jpgDSCN0106.jpgそのくらい(・∀・)イイ!!

とても気に入っている割りにはこの機種を使うことはほとんどなかったりする。その事情は後述。


以下メーカーHPより抜粋

今回ラインナップを一新した「EDiCubeタワーPCシリーズ」は、側面にEDiCubeのイメージカラー「リーフグリーン」を使用し
「EDiCube」のロゴをデザインした新ケースを採用しております。
本体サイズは従来よりも高さを40mm以上抑え、よりコンパクト感を高めています。

高さも低いが奥行きもけっこう短い。

DSCN0116.jpg光学ドライブとの比較

さすがにASUSの名機「 Terminator 」とまではいかないけど・・・
机の上に置いても全然気にならないレベル。コンパクトっていうのは見た目上すごく重要だと再認識。

そのかわりに正面フロントパネルは今の目で見るとイマイチ・・・よく言えばシンプル、悪く言えばシンプルすぎて華が無い。
コレより前の「EDiCube」のケースのみを持っているが、ソレには「EDiCube」のロゴシールが貼ってあった。

DSCN0119.jpg←コレ

このロゴが気に入っていたのだが、残念ながらこのモデルからロゴが変更になったようだ。

外見はもういいから中身を見てみよう。

サイドパネルを開けてみると、やはりと言うか結構キツキツな感じ。
各パーツは、もう本当にギリギリ接触するかしないかの絶妙なクリアランス加減。

DSCN0124.jpg電源と光学ドライブのクリアランスw

DSCN0111.jpgDSCN0113.jpg電源を外すとこんな感じ。

でもよく見ればHDDは2基積めるし各種ボードだって挿せる。電源もATX電源でいけそう。

っとなれば「パワーアップして現役で使えるようにするしかないでしょう」

ってなワケで次回 「お気に入りのケースで現役として使えるPCにしてみよう計画」


つづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。