スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーレーダビッドソン&マルボロマン


たまの休みで天気が悪いとやりたいことの半分も出来なくなるので手持ち無沙汰でツマラナイ事ばっかりしてしまう、こんにちわ、ガソスタ店長です。


缶コーヒーのオマケのハーレーダビッドソンです。手慰みに撮ってみました。

画像 001_e 画像 003_e 画像 356_e SDIM0283_e.jpg

左からDSC-WX10、FINEPIX f31fd、Optio RZ10、DP1です。後ろにMarlboroが写っているのがおわかりでしょーか?タイトルに偽りなしですね(笑)

背景も照明もテキトーですが、わりと良く撮らった(←撮れたの方言)

ところで最後のDP1ですが、とある裏ワザでマクロ撮りをしてみました。その裏ワザを書いてみます。

◆用意するもの

1.いらないレンズ(出来れば望遠タイプ)
2.精密ドライバー

以上w

画像 011_e 画像 012_e

DSC-F828の修理用に入手したレンズ部です。『CarlZeiss VarioSonnar』 T*を奢ったコンデジ用とは思えないほど贅沢なレンズですが、今回は前玉(一番外側のレンズ)が欲しいだけなのでバラします。とは言え、レンズの分解は初めてだもんで先ずは観察。

画像 014_e 画像 030_e 画像 015_e 画像 016_e

切り裂きハケーン
精密ドライバーでこじったらポロッと取れました。
ネジが3本あったのでそれをはずす(スゲー固いんすけど・・・)

画像 017_e

前玉取れたったw

この外した前玉をDP1のレンズ前に置いて撮ったのが上記の画です。レンズ前3㎝まで寄って撮りました。左手に前玉、右手にDP1なのでブレていますがDP1でここまで寄れたことに感動

SIGMA純正クローズアップレンズだと最短が30㎝から20㎝になるだけなのでココまでは寄れません。

背景のボケ方が極小素子のコンデジとは比べ物になりませんね。あとはコレに合う筒を調達してパチっと装着出来るようにすれば良いんでしょうけど、メンドクサイのと被写界深度が異常に浅くて使い物にならん気がするのでヤメ。

とりあえず外した前玉は元に戻してしまっておきました。実はこの時点でこのレンズを買った目的は達成。

いやぁ、修理のための分解練習用に買っといたレンズにも使い途があるんすねー。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。