スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いるいらない」だったら・・・もちろん、いるっ!

師走に突入し2012年もあと1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ガソスタ店長です・・・店長なんかもぉ辞めちまいてーっ!・・・(´Д⊂ヽ


「FUJIFILMのA to Z」<比較編>

タッチパネル換装で使えるようになった『FINEPIX Z950EXR』で撮ってみました。

画像 054_e 画像 056_e 画像 062_e

左は秋晴れ快晴の空を撮ってシミとかないか確認。真ん中は逆光でダイナミックレンジ確認。まぁまぁです。右は夕暮れ時の西の空。裏面CMOSなので期待したんですがコレもそれなり。で、問題の「超解像ズーム」ですが・・・

画像 051_e 画像 044_e
近所のお社

どこらへんを超解像したんだかわかりません。ちょっと期待してたのになー。
基本のレンズ性能が足りてないのかもです。つくづくカメラはレンズがすべてだと思い知らされます。屈曲光学系に期待するのはホドホドにしましょう。

ダンボーT700_e ダンボーZ700EXR_e ダンボーZ950EXR_e
室内でダンボーw

屈曲光学系で比較してみました。左からSONY T700、FUJIFILM Z700EXR、FUJIFILM Z950EXRです。T700、Z700はCCDセンサーですがこの条件なら関係無いでしょう。ホワイトバランスはすべてAUTO。画像編集ソフトでの修正はリサイズのみで、各機種の違いが出て面白い結果となりました。

画像 T700_e 画像 Z700EXR_e 画像 Z950EXR_e
LAMBORGHINI Aventador LP700-4

上記と同じ順番です。コッチも面白いけど違いはあまりないかなー。

画像 098_e 画像 100_e 画像 097_e
各機種の大きさを比較

大きさはZ700>Z950>T700。Z950はZ700よりも薄いんですがT700に比べるとまだ分厚い。ところが重さは一番小さいサイズのT700 (160g)>Z700 (158g)>Z950 (151g)と、やはり見た目の金属感も相まってT700が一番ズッシリとした手応えです。


●個人的総評

悪いポイントは特に無いんですが、コレといって秀でたところもないかなぁと。ま、しいて言えば見た目のオサレ感だけは最高でしょう。他社にも屈曲光学系デジカメはたくさんありますがカワイイとかオシャレで言えばやはりFUJIFILMのZシリーズに敵はいません。これでもう少し画質が良ければ言うこと無いんですがね。

「超解像技術で簡単キレイに10倍ズーム」と言われても、あの画質ではケータイカメラで納得できなくてデジカメを買ったユーザーに対して説得力が足りない気がします。ちょっと辛口すぎですかね。

正直な感想は・・・

「高性能カメラ機能付きスマホがあれば必要ないかも・・・」

だから私は買いました。
スマホ持ってねーので(^^)ゞ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

レビュー楽しみにしておりました。

うちにも同じ黒くんがこないだ修理完了しまして、Z900のブルーくんとの2台体制です。  といっても、撮るのはブログ用のスナップかジャンクの分解写真ですがw

しかし、このZ900シリーズといい、FUJIFILMのデジカメは「持っててうれしい」なカメラが多いと私は思います。

ソニーは直線の美しさ、フジは曲線の美しさだと感じます。

Re: No title

>ゆぴてる様

コメありがとうございます。
確かにFUJIFILMのコンデジは「持っててうれしい」感がありますね。こんなこと言ってるからどんどん増えちゃうんですよ、お互いにw

SONYのコンデジは「持ってて悦に入る」的な感じでしょうか。いつまでも眺めていたいとか、一人構えてニヤニヤみたいな。

> ソニーは直線の美しさ、フジは曲線の美しさだと感じます。

まさにその通り( ・∀・)ノ

「直線の美しさ」と「面取りの上手さ」と「エッジ処理の巧みさ」、そして「サプライズ的ハイスペック」がSONY製品の真髄だと思っています(信頼性は別w)
過去の、それこそ十数年前の製品(カメラに限らず)からもそれは感じ取れます。ちょっと前だとHX5Vとか初期NEX、最近ならRX1とかはなかなか男気溢れた骨のある製品ですが、それ以外はちょっとな~・・・

とか言ってるくせにまた仕込んでしまいましたが・・・(汗


プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。