スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカーの対応に異議ありっ!

さて前回、謎のメッセージを吐き捨て印刷拒否しやがった

画像 015_e 画像 012_e Canon MP770

ですが、早速ググって見ましたトコロ・・・

『修理不可、要部品交換、メーカー修理』という結論を得ました。

要はインクジェットプリンタの命とも言える『プリントヘッド』という部品を
交換すれば良いだけの話なのですが、今現在メーカーではプリントヘッドのみならず

有償無償問わず本体構成部品の供給は行なっていない

ということなのです(一部サプライ品は除く)
先の『プリンタヘッド』とか『廃インク吸収スポンジ』とかは本体に組み込まれた
構成部品なので該当します。
2009年頃の話なので、コイツを貰ってきた時は既に供給が止まっていたわけで・・・

これから先もこの『MP770』を使う為にはメーカーに修理依頼をしなければならず
この巨体を送るための送料+メーカー規定の修理代(大体1万円以上)が発生します。

・・・( ´Д`)・・・

そんなお金を払うのはイヤだし、社外品の詰め替えインクを使っていたので修理拒否
も考えられるし、そもそも1万円も出せば新品のプリンターが買えちゃいます。

「じゃあ直してみましょ」

っと、いつもの自己責任という免罪符でもっていろいろとやってみました

 ① ヘッドを洗う
   インクタンクをすべて外し、プリントヘッドを本体から外しぬるま湯で
   浸け置きにしてみました。スグにお湯がインクで汚れてくるので何回も
   何回もお湯を替えて、最終的にお湯が濁らなくなるまで洗浄してみますた。
   それから2日間かけて自然乾燥。
   過去の経験上この方法ですべて復活していたので期待していたんですが・・・
   
 ② ヘッド裏の端子を磨く
   本体との電気的接点は背面の金属端子だけなので、ここの接点不良を疑って
   洗浄用アルコールで丹念に端子を拭いてみますた。
   もしかして皮脂のせいとかで接触不良になっているのかなと思って・・・

 ③ ヘッド裏の端子を復活させる
   金属面に金属のピンが接触する形の接点なので、接点復活剤を塗布してみました。
   と言っても、ただのHBの鉛筆ですwww
   このHBの鉛筆が意外と侮れなくてですね・・・(略)

 ④ 本体の設定をリセット
   詳しくはコチラに書かれていますので端折りますがメンテナンスモードから
   設定を初期状態に戻し、その後にコンセントから電源を完全にオフ。
   しばらく置いてから再度電源をオン。どうにかなってくれるかなと思って(涙)

 ⑤ 神に祈ってみた
   万事を尽くして天命を待ってみました(笑)

結果っ!!!


直りませんでしたー!!!\(^o^)/オワタ

ナゼかは分かりません。んが、コチラに気になる記事を見つけました。


もしホントなら素人の手になんか負えるわきゃねーです。だって超精密部品なんすよ。
なんか最近は直せないのばっかりでやんなってきた・・・

・・・う~ストレスが溜まるぅ~・・・

う~・・・




画像 023_eうりゃっ!!ポチ

うむ(笑)






スポンサーサイト
プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。