スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラパゴスからの脱却を考える


あって当たり前と思っていたものが、いざ無くなった時の
喪失感たるや・・・

あらためてインターネットのある生活に感謝しつつ、
ネットサーフィン(笑)でライド・オン・タイムを満喫する
どうもガソスタ店長です。

いやぁ、インターネットって本当に素晴らしいですねぇ。
でもまた、いつ無くなるんじゃないかという恐怖心もあります。

意地でガラケーにこだわり続けてきましたが、そろそろ・・・
その時がついに来てしまったんでしょうか。


【XZ-1を使いやすくしちまおう】

上の戯言はともかくとして、長野県は別所温泉に行ったんですよ。
2月に降った最初の大雪の日に。
なんか遥か昔のような気がして記憶が飛んでますが・・・

とにかく、ソコで温泉やお食事をを堪能しつつ、雪景色や史跡を
写真に撮りまくってこようと。

旅行前に買った『OLYMPUS XZ-1』をメインで考えていたので、
機動力を高めるためのパワーアップアイテムを付けたんです。

SDIM1891_e.jpg
ネックストラップ付きボディケース自動レンズキャップ

XZ-1は掴みどころのないツルツルボディが弱点です。
ポケットから取り出しにくいのではコンデジとしては失格。
ソレを踏まえてか、後継機種のXZ-2はグリップが付きました。

SDIM1896_e.jpg

このボディケースを装着することによりポケットからの出し入れが
無くなるので機動力が格段にアップしました。

SDIM1912_e.jpg

自動レンズキャップは「標準装備じゃなきゃおかしいだろ?」っと
思えるほどの必須アイテムです。
正直コレがなきゃ沈胴式コンデジとしては成り立たんでしょう。

両方共オリンパス純正品なのでお値段は「う~ん・・・」ですが、
社外品の安いやつは見た目がイマイチでねぇ。

画像 007-1_e 画像 024-1_e 画像 039-1_e
上田城跡にて

SIGMA DPには負けますが、コンデジとしての写りはピカイチ。
強力な手ブレ補正のおかげ(かどーかは知りませんが)で
ストレス無くパチパチ撮れました。

アートフィルターにはちょっと疑問を覚えましたが、
1万円台半ばで、この性能なら大満足。
しばらくカメラは買わなくても良いかな。


そりゃそーと、スマホっていくらくらいかかるんだろう。
月一万とか払うのはイヤだなぁ・・・



スポンサーサイト

<速報>バレンタイン廃止法案が可決されました。


早いものでもう1月が終わろうとしています。
もうすぐ2月。

2月といえば節分ですよね。「鬼はそと福はうち」てな感じで。

歳の数だけ豆を食べなきゃなりませんから、私の歳だと
そりゃもぅ腹がパンパンになるほど喰わなきゃなりません。

最近は「恵方巻き」もすっかり定着したようで、ここ何年かは
豆まきの代わりに恵方巻きで済ませております。

まったくチョコレートなんぞ喰っちゃいられませんよ。
いやぁ楽しみだなぁ、節分。





・・・・・・ふぅ。



XZ-1で徒然です。主にアートフィルターで遊んでみました。

  XZ1画像 157-1_e 青空(標準)
  XZ1画像 151-1_e 夜明け(ファンタジックフォーカス)
XZ1画像 085_e 夕焼け(ポップアート)
XZ1画像 082_e 廃団地(ラフモノクローム)
XZ1画像 072_e 道端(トイフォト)
XZ1画像 049_e 農機具(ドラマチックトーン)

なかなかのモノです。

ソレはそうと、来月の連休にお出かけする予定なんすけど
行き先が決まらないんです。



あーもぉ。


えっがおーとっ、うったごえでー♪


ここんとこちょっとヤボ用が忙しいガソスタ店長です。
せっかく買ったOLYMPUS XZ-1も、まだ活躍の場がありません。

でも仕事上では人手が足りているので、ワリと楽です。
来月は連休をとって雪国に写真を撮りに行きたいなぁ。

行きたい行きたい・・・





よし。


行くぜっ! 怪盗少j・・・チガウチガウ・・・そーじゃなくって、

 行 く ぜ っ ! 東 北 !

休める時に休んで行ける時に行っとかないとね、こーゆーコトは。
あー今から楽しみです。



っとまぁ、そんな妄想(?)は置いといてXZ-1で試し撮りです。
まだまだサンプルが少ないので、とりあえずといった感じ。

画像 100_e 標準
画像 104_e スーパーマクロ
画像 105_e ボケ
画像 074_e フルオートで夕焼け
画像 117-1_e フルオートで夜明け前
画像 113_e フルオートで朝マック(笑)
画像 111_e アートフィルター『トイカメラ』

かなり限定的なシーンばかりなので何とも言い様がありませんが、
充分な光量のある時の画は素晴らしいの一言です。
色味も解像度も文句なしの出来栄え。

スーパーマクロで1cmまで寄れるしボケ感も十分あります。
6種類のアートフィルターも面白いのですが、暗いシーンでは
盛大にノイズが乗るところがいかにもCCD機らしい。

良くも悪くも「ハイレベルなCCDコンデジの画」という感想です。

実を言うとXZ-1の次の機種『STYLUS XZ-2』を買うつもりでしたが
XZ-2は裏面照射式CMOSセンサー機となってしまったのです。

個人的に裏面照射CMOSの画に疑問を持っているので、急遽CCDの
XZ-1にしました。

見た目はXZ-2の方が10000倍くらいカッコイイので欲しいんですが、
まぁまだ高いので、もう少し待って中古が出回るまでは保留にします。


それまでにXZ-1を使いこなさないとなりませんので、
しばらくはコレばっかり使ってみましょー。


プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。