スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソスタ豆知識「春先に窓拭きすると草の匂いがする」


ここ数日あったかい日が続き一気に春めいてきて、ついでに花粉もスゴイことになっておりますがいかがお過ごしでしょうか。
この時期の花粉は車の窓にもベッタリとついていて、いつも以上に窓ふきが大変になります。いくら拭いてもザラザラが取れないので全力でガシガシ拭きます。おかげで右腕の筋肉疲労がハンパないガソスタ店長です。つーか目がカユイ(つд⊂)ゴシゴシ

そろそろ桜の便りが聞こえてきますかねー。


画像 026_e 画像 037_e 画像 034_e
SONY Cyber-shot DSC-WX10(2012年3月)

カラバリに白が無いので黒を。白無いのかぁ、白・・・

画像 042_e 画像 047_e 画像 048_e

持ち手側の少し起伏してからカットされた面がスマートな印象でカッコ(・∀・)イイッ
ただし正面だけ。

背面側から見ると側面が丸く落とされてプラスチッキーなトコロがものすごくカッコ悪い。ついでにレリーズボタンまわりもどんくさい。

なんか正面と背面の印象がまるっきり違う。別々のデザイン案を前後で無理やり貼りつけたみたい。統一感がまるで感じられないですよ。もうちょっとどーにか出来なかったの?

素子はDSC-WX1と同じ1/2.3型裏面照射CMOS”Exmor R”ですが、画素数は1600万画素にアップ。ちなみにDSC-WX100にいたっては1800万画素だそうです。
小指の爪の半分もない面積を1800万に分割するなんて正気の沙汰デーナイトもいいとこです。

・・・古すぎてついてこれないですか?お構いなしに進めますw

レンズは7倍ズームの"Sony Lens G"で、開放F2.4の明るさが魅力的。WX1もF2.4のGレンズなんですが5倍ズーム。ただ単に7倍ズームが欲しかっただけなんですがね。

<作例>

画像 014_e 画像 054_e 画像 059_e 画像 061_e 画像 064_e
画像 040_e 画像 102_e 画像 128_e 画像 142_e

裏面照射CMOS”Exmor R"の画はすでにWX1とHX9Vで十分わかっているので「おんなじだろうな」と思ってたらホントにおんなじでワロタ。
基本は塗り絵なので「1600万画素にする意味あるの?800万画素とかで十分じゃない?」と思うんですが、きっと「画素数を落としたら売れない」と思ってるんでしょうね。
ま、きっとその通りなんでしょうけど。

<使ってみて>

光学7倍ズームは十分です。手ブレ補正のおかげで最大倍率でもブレずに撮れます。
最近の手ブレ補正は本当にスゴイっすなー。

でもこのWX10はとても持ちにくい。指の掛かりが無い上に表面がさらっとした感触なのでスルっと落っことしそうになります。
無粋なゴムグリップとまでは言いませんが、もうちょっとなんとかなんなかったのかしら。

HX9Vもそうですが、USB接続で本体充電が出来るのはありがたいです。

<総評>

「どーしてもコレじゃなきゃ」的ポイントが無いです。裏面照射CMOSの画はどの機種でも同じだし、デザインも上記の通りウラとオモテで別物なので魅力半減。ズーム倍率もなんとも中途半端な数値です。
強いて言えばF2.4のGレンズですが、コンデジでF2.0やF1.8も珍しくない今となっては目を引くポイントではないでしょう。

でもコンデジとしては持ってて損はないかなと。コンパクトなお散歩スナップ機、暗所に強くノイズの少ない特性を生かしての室内撮り、3㎝まで寄れるシームレスマクロでブツ撮りと。
結構マルチに使える機種じゃあないでしょうか?

そう考えれば「マルチに使えるソコソコ機」ってゆーのがこの機種の「コレじゃなきゃ」的ポイントと言えるかもしれません。

私的には結構気に入ってるんです( ^ω^)フンフフーン

  た  だ  し  

SIGMA DP1を入手してから、他のコンデジで撮った画に満足しなくなっちまいました。
コレは由々しき事態・・・・・

SDIM0166_e0.jpg
↑こんなん撮れちゃうんだもの

「比べるのが間違ってる」っつーのはわかっちゃいるんですがね~

スポンサーサイト
プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。