スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「EDiCube」の蛇足

本日の営業は、先週までの騒動がまるで夢だったかのような、3/11以前と変わらぬ水曜日らしい内容でした。
まだまだ予断を許さぬ状況ではありますが、少なくとも被災地以外では日常を取り戻しつつあるように感じます。

この2週間で感じたことは、被災地でもないのにさも自分は被災者だと言わんばかりの身勝手な行動をとる人が随分と
いるんだなぁ・・・というところでしょうか。なにしろこれほどたくさんの来客数は過去に例がなかったのでほんのわずかな
時間の応対でも、人間性の違いというものを垣間見た気がします。



前回で終了した「EDiCube の中身を全とっかえでPentium 4マシーンにしちまえ計画」

あまりの内容の無さに嫌気が差したのでちょっと補足。

処理能力に不満は無いと書いたが、Pen 4 2.6GHz と2GB のメモリの処理速度は確かに不満はナイ。
別に動画エンコードをしようとかサーバーとして24時間稼動とか、ましてやBOINCなどしてるわけでもないので。

ただ最低限WEBを見るとか、DVDやaviファイルの動画を見たりとかCD-R焼き専用マシーンとかには使いたいので
それらに必要なだけの装備はしてある。

ちなみに現在の「EDiCube 改」の構成は以下の通り。

・M/B  Aopen MX4SGI-4DL2(音声出力不可のジャンク品)
・CPU  Pentium 4HT 2.6GHz(Northwood)
・MEM  DDR PC3200 512MBx4 2GB
・HDD  WDC WD2500AAJS (250GB S-ATA)+WDC WD5000AACS (500GB S-ATA)
・OPD  PIONEER DVR-116D(DVDマルチドライブ IDE接続)
・グラボ ASUS Radeon 9600 XT(A9600XT/TVD/N/128M)
・電源  KEIAN KT-350RS (ATX 350W)

と、以上のような状態。ちょっとしたことに使う分にはまったく不満はナイ。ちなみに各種ベンチはコレ↓

直前の設定20100329234956直前の設定20100329235658DSCN0141.jpgFF BENCH Lo-Mode

「むぅ・・・見事だな、しかし小僧、自分の力だけで勝ったのではないぞ!そのMSの性能の(略 」

と誰かの名言を引用したくなるほど十分なスペック。少なくとも私には。


・・・ソ レ に し て も ヤ カ マ シ イ・・・


すっかり忘れていたけど、ファンコンに頼らずとも回転数を落とす方法がありましたね。

「SpeedFan」←コレコレ

ふと思い立ち「SpeedFan」を今さらながら導入して早速、最低を通常の5%になるように設定。すると・・・
「おぉっ!?」それはまるで卓上扇風機からUSBファンに変えたかのような静けさとでも言おうか。
正直USBファンを使った事はないけど、すごく静かになったわけでもないけど、以前から比べればウンドロの差。
普段使いならば全然気にならないレベルになった。

SpeedFan読みの回転数は初期値だと4300 RPM(早っ!)から2900 RPM(まだ早いな・・・)へとダウン。
気になるCPU温度は動画の再生(aviファイル)くらいでは40℃前後。1280x720のHD画質(wmvファイル)
の再生でも50℃を超えるまでにかなり時間がかかった。もし超えても5%刻みで回転数を上げれば済むので問題ナシ。

動画再生に関してはグラボのおかげかも知れない。
AGPx8のRadeon 9600というロートルながらCPUにかかる負荷はかなり軽減されると思われる。

「じゃぁ、全然実用に耐えられるジャマイカ」と言いたいところだが、やっぱり落とし穴はあるもので。

このグラボには小っさいファンが付いていてその高周波が結構耳障りだったりする。一度このファンをカットして
ファンレスで使ってみたがモノの見事にベンチ中にコケた・・・


それに付け加えて、この機種では動画の再生など滅多にしない。なぜならっ!
音声が出ないからっ!! 動画を再生してもYouTubeを見てもなーんにも聞こえてこないからっ!!

なので、やはりこの機種はデータのバックアップとCD焼き専用にしか使わないと思う。
見た目はとても気に入っているので、いつか必ずmini-ITXで組もうと思いながらatom世代以降のマザーをオクで探す
毎日だったりする。もちろん格安ジャンクでw


次回は・・・予定は未定・・・m(_ _)mスイマセン・・・



スポンサーサイト

atom or ION? いやEDENだろソコは(笑)

おそらく当地区では今日が最後の「臨時休業日」だと思います。
近隣地域のGSではもう通常営業しているお店もあるようですし、実際に見ても行列などは見られなかったので。
未曾有のガソリン不足パニックに襲われましたが、やっと当店も通常の営業に戻れそうなので一安心です。
またいつか万が一の事態が起こらないとも限りませんので、今回の騒動を教訓にして今後の営業に役立てようと
思います。


今回から「中身を全とっかえでPentium 4マシーンにしちまえ計画」へとシフトした「EDiCube」

まずは、中身を全撤去したのちI/Oパネルを取り付け・・・と思ったらI/Oパネル欠品だった_| ̄|○ il||li
ノークレームノーリターンの品なのでいたしかたなし・・・

まぁ、気を取り直してマザーをつけよう。

ホントはアクセスランプの配線やら取り付けの苦労などを載せるのがジャンクな内容として正しい気もするが
いきあたりばったりの現物合わせなやり方と、なにしろ過去のコトなのでよく覚えていない。スイマセン・・・

旧マザーの撤去および新マザーへの換装は特に難しいことも無く完了。今更なんだが撤去したマザーを何故に処分
してしまったのだろう。その当時のスキルでは直せなかったが今ならばもしかして直せたかも、とたまに思う。

そう考えると旧マザーを取っておかなかったことが悔やまれて仕方ない。なぜかと言うと、もっと後になってから
こんなのを入手したから。

DSCN0135.jpg Pentium Ⅲ-S 1.4GHz P6最後にして最強のCPU

今となってはコレを活躍させるマザーが手元に一枚もナイ・・・なんとも「寒い時代だと思わんか・・・」


話を元に戻して唯一覚えているのは、CPUクーラーにリテールを使おうと思ったのだが、電源に干渉するために
使えなかったコトくらい。

なので、なぜか手元にあった478ソケット用の薄型クーラーを使用した。少々ファンの音がやかましいが・・・
すごくやかましいのだがいたしかたあるまい。未だに謎なのだが、なんでこんなモノ持ってたんだろう?

DSCN0121.jpgDSCN0128.jpg

よく見るとCOOLERMASTERのファンが付いているが、どう見てもPen 4用にしては小さすぎる。
Pentium Ⅲ用の使いまわしじゃなかろうか?こんなのでPen 4の発熱にたえられるのか?
いろいろな疑問が頭をよぎるがコレしかつけられないんだからしょうがない。

メモリはやはり手元にあったノーブランドのDDR PC3200 512MBx4枚で2GB 。

DSCN0123.jpgよく見るとHDDマウンタと接触していたりする・・・

見るからにエアフローが悪そうだったので3.5FDD は撤去し吸気口にした。
HDD も手持ちの適当なのをのせて、電源もどっかからかはずして置いておいたやつを付けた。

DSCN0130.jpg ちなみにコレ

無事に起動したのだが・・・いやはや何ともファンがやかましい。
おそらくCPU の発熱にファンの冷却が追いつかないせいだと思う。常時MAXなのだ。コレばっかりはしょうがない。
あとでファンコンでもつけようと思ったのだが、未だにつけてない。
ただでさえ狭い筐体でファンの回転数を落とすと冷却が足りなくなるのでは?っと、つい考えてしまうので。

前々回に「とても気に入っている割りにはこの機種を使うことはほとんどなかったりする」と書いた理由はコレ。
正直言うとPCの静音化にはこだわりが無い。ファンコンやらにもあまり手を出したことが無い。
それにしてもコイツはうるさすぎる。卓上扇風機が目の前にあるんじゃなかろうか?と思うほど。

という訳で見た目と処理能力に不満はないが常時使用は耐えがたいというなんともお粗末な機種になっちまった。
本来であれば2nd 機としてガシガシ活用するはずだった「EDiCube 改」はデータのバックアップ用にしか活躍して
いなかったりする

結論としては、やはりこの大きさには発熱量の多いシステムは不向きだということ。
ケースとしてはものすごく気に入っているので、いつかMINI-ITXマザーでも積もうかと思いつつ
今日もデスクトップのオブジェとして私の隣にいたりする。


「いつか生まれ変われたらファンレスで☆」

つづく


追記 もし元のマザーを取っておいて、無事に直せたとして、先のPentium Ⅲ-Sを使えたとしてもやはり
   排熱が追いつかずにファンがMAXなのでは?という疑問は却下ですw



「ぬぅうすんだブァアイィクゥではぁぁあしぃりぃだぁすうぅ・・・」

本日、ちょっと気がかりな噂を聞きました。
なんでも原発の稼動停止により足りなくなった電力を火力発電などで補うとのことで軽油(とか重油)の入荷が
少なくなるのでは?とのことです。
燃料油の供給が順調になり始めた矢先のことでガセネタであって欲しいと思うのですが、現実問題として
ありえない話でもなさそうな気がします。
もうしばらく混乱が続いてしまうのでしょうか・・・


前回「お気に入りのケースで現役として使えるPCにしてみよう計画」と銘打ったワケだが・・・

「父さん・・・実はコレ・・・起動不能だったワケで・・・」

入手した際にいろいろとやってみたのだがダメっぽいので、わりとあっさりあきらめた
「パワーアップして現役として使えるPCにしてみよう計画」はこれにて終了。

ご静聴ありがとうございました。





「まだだっ!まだ終わらんよ!」

多分マザーがダメだと思うのだけどP6世代マシンにコレ以上の手間をかけたくなかったというのが本音だったりする。
こんなにちっこいのにmicro-ATX のマザーとATX 電源が使えるのもナイスなポイント。とゆーわけで・・・

「ケースだけでおk! 中身を全とっかえでPentium 4マシンにしちまえ計画」へと変更っ!

ただ単にPentium 4 2.6GHz(Northwood)が一つ余っていたので・・・ソレだけの理由なんですけどね・・・

「とにかくもう・・・P6機には・・・帰りたくナイイイイイィィィィッ!」

っと、オザキばりのシャウトをキメてみたところで、コレ

20996a.jpgAopen MX4SGI-4DL2 micro ATXのsocket478マザー Celeron 2.66付きw

このマザーを買うのは初めて。だが、ソレより以前に同じくAopen のAX4SG-UL なるマザーを使っていた。
(ついこないだまでウチのメイン機だったのだが、先のSOTECに座を譲り今は2nd 機)

ナニを隠そうMX4SGI-4DL2 はPCIスロットの数が違うだけのAX4SG-ULのmicro-ATX 版だったりする。
ソケットタイプもチップセットもメモリもFSBも各種ドライバも全て共通なので使い回しが利く。ついでにAGPスロット
このマザーを選んだ理由はそれだけなのだが。

ところでメーカーPCの改造となれば、まずはWEBで情報を収集してからが基本なのだが、
この機種はWEB上に情報が少ない。とゆうか全くナイ。改造どころか修理の一つもナイ。

同じEPSONでも「Endeavor」は結構見つかるのだけど、この「EDiCube」はホントに情報が少ない。
値段のわりには売れなかったのだろうか?


とりあえず今回はここまで。
次回からいよいよ「中身を全とっかえでPentium 4マシーンにしちまえ計画」をやっつけていきたいと思う。

つづく



プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。