スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大五郎ーっ!」・・・「ちゃーーーんっ!」

『IO DATA LCD-A193Vをなおしてみよーっ!』3


画像 052_e +(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

ジャンカー必須アイテム(笑)ジャンクなマザーです。
ソケット478の今となっては化石同然な起動不能で処分に困っていたヤツです。
このマザーを良~く眺めてみますれば・・・

画像 056_e 発見!(1500μF 16V nichicon製)

天下のnichiconです。made in JAPANです。MSIさすがです←ナニが?
耐圧が同じ16Vで容量が若干違いますが(コンデンサの単位について詳しくはコチラ
この程度の違いは誤差の範囲内で片付けますw

このマザーには3個もついてました。コイツをハンダコテを使って外すのですが、
基盤裏面の該当コンデンサの足をハンダコテで慎重に溶かして外します。片方ずつ
ちょっとずつ溶かしながら引っぱりながらを繰り返します。

さて交換するコンデンサが調達出来たところでモニター側のダメダメコンも外します。
ダメダメコンを外した後のピン穴は、先のとがったモノ(安全ピンみたいなの)を使って
貫通しておいた方が後々の作業がしやすくなります。

画像 043_e 外れました

取り付けは外すのと逆の順序ですね。基盤表面から極性(+ -)に注意して足を通して
裏面にハンダを盛ります。

ついでに基盤裏面の怪しい部分にハンダを盛りなおします。以前に同様の修理をした
「LCD-A173V」の時は、コイルの取り付け部にハンダクラックがあったりしたので。
念には念を入れてチマチマとハンダを盛り直してみました。

コンデンサ交換とハンダ盛り直しが終わったら基盤を元に戻して各種ケーブルを繋いで
仮動作確認。見事になおってました。数分間ほったらかしにしても画面は消えません。

完全に直っていると仮定してモニターを組み立てましょう。バラすのと違って組み立てる
のは気持ちが良いです。

画像 160_e 修理完了☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ イエーイ

1時間ほど点けっぱなしにしてみましたが、まったく大丈夫みたいです。
画面のチラツキもなく正常動作と言えるんじゃないすか。

最高解像度はSXGA(1280x1024)なので今までの17インチと同じですが、文字や画像が
大きく見えるので良さげな感じです。

・・・で・す・が・・・

画面がなんか暗いんです。比べてみますと・・・

DSCF2095_e.jpg こんな感じ

明るさというか色味というか、全体的に発色が良くない感じです。
おそらくバックライトの劣化でしょう。コイツも交換しちまえば明るさ、発色ともに新品同様
になるのでしょうがお金もかかるし、液晶のバックライト(蛍光管)は意外とシビアな
ブツなのでリスクを犯してまで交換するのもアレかなぁ・・・と。

今現在、問題なく使えるのでおkとします。
そのうちにはバックライトが切れるでしょうから、交換はその時にでもやりますか。


っというワケで、無事に直った『LCD-A193V』ですが、先ほどの発色の悪さが気になるので
メインで使うのはヤメておきました。やはり画面は大きさよりも画質優先ですからね。
ついでに言うと、眼前50cmで19インチを見るのは大きすぎてちょっと疲れます。

何事もホドホドが良いですなと、上手くまとまったところでそろそろお開き(笑)


さて次回ですが、なかなかに手強そうなブツがやってきました。
今までに見たことも触ったこともないシロモノです。

DSCF2040_e.jpg 東芝 Dynabook TX/66HBL

恥ずかしながら初めてのCore2Duo機です。ジャンク道を歩み続ける上で避けては
通れないLGA世代の機種です。はてさていかなるものか・・・


(以下、岸田今日子風に)
直すも地獄、壊すも地獄。
されば自ら選んで冥府魔道の世界へ踏み込んだこのジャンクの旅は、その行き着く果ては、
はたして何処なのであろうか・・・?


つづく




スポンサーサイト

「おわコン」←終わったコンデンサw

本来の「オワコン」の意味はコチラ


『IO DATA LCD-A193Vをなおしてみよーっ!』2


さて、早速バラシです。
ガワを開ける作業の写真を取り忘れてしまったので、説明不足になってしまうかもしれ
ませんが、以下参照(自己責任ですよ)

本体裏面のネジを片っ端から外してスタンドを外して
横の分割線に-ドライバーを突っ込んでギシギシして
隙間が出来たら手でパキパキすれば外れます・・・


ね。説明不足でしょw
慣れしかありませんね、コレばっかりは。
まぁ、慣れていても決して気持ちの良い作業ではありませんけどね。

背面ガワを外すと金属のシールドみたいなのが出てきます。
D-SUBコネクタの六角ネジをペンチか何かで外して全体をスライドさせると外れます。

画像 003_e スッカスカな中身ですね

チューナーレスでRGB入力のみの液晶モニターの中身はとてもシンプルで、液晶部を除き
基盤は2枚しかありません。片方が電源回路、もう片方が映像処理回路だと思います。
(中間にも一枚ちっちゃい基盤がありますね。ちっちゃ過ぎて見落としてました・・・)

今回のIO DATAの物だと上記画像向かって左が電源部、右が映像回路です。たぶん・・・

さて『ちょっと映ってすぐ消える』症状の犯人ですが、一応画面は一瞬ですがちゃんと映る
ので映像回路側は問題ナシでしょう。となるとやはり電源回路の方がぁゃιぃ・・・

画像 004_e コイツらだっ!(1000μF 16V Elite製)

一目瞭然でコイツらです。完っ全に膨張して破裂して液漏れしてます。
早速交換といきたいトコロですが、交換するコンデンサを調達しなければなりません。

さりとて、我が家の近所にコンデンサなんぞを売っているアレなお店なんぞありません。
通販で買うのも時間かかるし。さてどうしましょう・・・?





画像 052_e おっ!


以下次回へと続いてしまいます・・・




「ばいなら」⇔「らないば」

『IO DATA LCD-A193Vをなおしてみよーっ!』


最近はデジカメばかり触っていたので、久々の大物です。
モノがデカイので机の上を片付けて臨みます m9( ゚д゚)ビシッ!!

先日、牛さんPCを依頼された同僚は「15インチ(XGA)モニターしか持って無い」
とのことで。

せっかくのモーレツスペックPC(笑)にXGAの15インチでは役不足だろうと思いまして
「もっとデカいモニターにした方がいいんじゃね?」っと、提言したところ
「じゃあデカいモニターにしよう」っと、デカいモニター調達と相成りました。

とは言え、あまりデカすぎても困るらしく、17インチくらいがちょうど良いという
話し合いの結果・・・こうなりましたw

画像 109_e IO DATA LCD-A193VB SXGA19インチモニター

「17インチじゃなかったっけ?」

デジカメにハマっているのは当ブログでもお知らせしたとおりですが、画像の確認やら
ブログの編集やらオクの手続きやらと、やる事が多いと画面の小ささが気になってきます。

「19インチモニターが欲しいなぁ・・・」と考えていたのですが、ちょうどオクで
『ちょっと映ってすぐ消えるジャンクモニター』が出品されています。

この『ちょっと映ってすぐに消える』というのはIO DATAの『LCD-A・・・』の品番では
割とよくあるトラブルで、ちょっと検索すればこの症例でたくさんヒットします。
当方でも3台この症状のLCD-A173Vを入手し、修理してきました。

不具合の出る箇所はある程度決まってまして、コンデンサ膨張、破裂、ハンダクラックの
どれかです(まれにコレ以外の場合もあるようですが)

ハンダクラックはルーペで基盤裏側を良ーく見ればわかりますし、コンデンサ膨張も見れば
すぐわかります。

修理はとても簡単で、+ドライバーとハンダコテがあれば誰でも出来る?と思いますが
危険な部品もありますので「分解修理は自己責任で」がお約束ですね。

「いや、だから・・・17インチじゃなかったっけ?」

おぉっと、忘れてました。

ウチにある17インチ×2台の内1台を譲るコトになりまして、そのかわりに我が家に
19インチが1台増えると。

ま、そんなワケですw

次回は修理の詳細を載せたいと思いますが、WEB上で探せばいくらでもありますから
いまさらやる必要もないかなぁ・・・とか。


※追記

そういえば『PSX』はどうしたかって?

そんなの決まってるじゃないスか。

SONYはキライなんですよ。


動作確認後ネジ1本バラさずにオクでバイナラ( ´Д`)ノ




プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。