スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ!カメラ!カメラ!

It's a SONY!<第一回>


ジャンクなネタも尽きてきたので(ホントはいっぱいありますが)ここらで
ちょっとSONYのデジカメを取り上げてみようと思いました。

ぶっちゃけSONY製品に良い印象は全く持っていないです。
先入観からか『すぐに壊れる』というイメージしかありません。

とはいえ『デザインや技術の先進性、奇抜さには目を見張るものがあるよ!』
とも思います。ま、ソレが物になるかならないか、は別としてですがw

デジカメでも意欲的なヤツや、チャレンジャー的なモノがたくさんありますね。
最近ではミラーレス(ノンレフレックスが正式?)の『NEX』あたりが中々に
カッコイイ感じです。

残念ながらレンズ交換式には興味が無く持ってもいないので『コンパクトデジカメ』
オンリーですが、一体型ならではのキワモノ感が良いんです。

『写真撮影』に至っては『PENTAX RZ10』ばかり使っているのですが『収集する』
に於いてSONYの製品はとても魅力的なモノが多いので困ったちゃんw

手持ちの中から発売時系列順に紹介していきたいと思います(撮影はすべてRZ10)


画像 019_e画像 021_e 『Cyber-shot DSC-F707』

2001年8月発売。当初の価格は12万円前後とのこと。
『Cyber-shot DSC-F505V』の後継機種。
「レンズにボディがくっついている」って表現が正しいですね。
キワモノ的な見た目ですが基本性能はしっかり抑えた当時のフラッグシップ機。
マグネシウムボディ、ビューファインダー、2/3インチCCD、フリーアングル、f2.0の
ツァイスレンズと豪華な内容です。
残念なのが重たいボディ(約700g)と初期メモステのみ対応ってトコでしょうか。
まぁ年代を考えるとしょうがナイっすね。

〇買った理由
 2/3インチCCDとかツァイスレンズとかいろいろあるんですが、やはりこの特異な
 スタイルでしょう。なんか構えてみたくなったのでw

〇作例

F31 025_eF31 014_e画像 005_e画像 052_e

 意外とSONYは地味目な画に撮れますが、忠実な画ともとれます。
 嫌な画ではありません。

〇お値段
 現在オクでの取引価格は2~3千円ってトコでしょうか。元箱、付属品完備の美品
 であれば5~6千円くらいっすかね。古い物なので中々良いモノは出ないようですが。

〇個人的総評
 重さはガマン出来ても大きさがハンパないので持ち運びはしていませんが、概ね
 満足です。
 なにより『カメラを構えている感』はハンパじゃありません。だいぶ前の話ですが
 フィルム時代の一眼レフカメラを持っていた時の高揚感に負けず劣らずです。
 

長くなったのと、小出しにしていきたいのでw今回はココまで。
次回はコイツです↓

画像 009_e 『Cyber-shot DSC-U20』


乞うご期待w






スポンサーサイト
プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。