スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そこにいる、それだけで」

画像 360_e

なんて言うか・・・

画像 093_e

楽しいですねw

画像 084_e

オチもなんもないです。

ちなみに峯岸推しですw


スポンサーサイト

「いるいらない」だったら・・・もちろん、いるっ!

師走に突入し2012年もあと1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ガソスタ店長です・・・店長なんかもぉ辞めちまいてーっ!・・・(´Д⊂ヽ


「FUJIFILMのA to Z」<比較編>

タッチパネル換装で使えるようになった『FINEPIX Z950EXR』で撮ってみました。

画像 054_e 画像 056_e 画像 062_e

左は秋晴れ快晴の空を撮ってシミとかないか確認。真ん中は逆光でダイナミックレンジ確認。まぁまぁです。右は夕暮れ時の西の空。裏面CMOSなので期待したんですがコレもそれなり。で、問題の「超解像ズーム」ですが・・・

画像 051_e 画像 044_e
近所のお社

どこらへんを超解像したんだかわかりません。ちょっと期待してたのになー。
基本のレンズ性能が足りてないのかもです。つくづくカメラはレンズがすべてだと思い知らされます。屈曲光学系に期待するのはホドホドにしましょう。

ダンボーT700_e ダンボーZ700EXR_e ダンボーZ950EXR_e
室内でダンボーw

屈曲光学系で比較してみました。左からSONY T700、FUJIFILM Z700EXR、FUJIFILM Z950EXRです。T700、Z700はCCDセンサーですがこの条件なら関係無いでしょう。ホワイトバランスはすべてAUTO。画像編集ソフトでの修正はリサイズのみで、各機種の違いが出て面白い結果となりました。

画像 T700_e 画像 Z700EXR_e 画像 Z950EXR_e
LAMBORGHINI Aventador LP700-4

上記と同じ順番です。コッチも面白いけど違いはあまりないかなー。

画像 098_e 画像 100_e 画像 097_e
各機種の大きさを比較

大きさはZ700>Z950>T700。Z950はZ700よりも薄いんですがT700に比べるとまだ分厚い。ところが重さは一番小さいサイズのT700 (160g)>Z700 (158g)>Z950 (151g)と、やはり見た目の金属感も相まってT700が一番ズッシリとした手応えです。


●個人的総評

悪いポイントは特に無いんですが、コレといって秀でたところもないかなぁと。ま、しいて言えば見た目のオサレ感だけは最高でしょう。他社にも屈曲光学系デジカメはたくさんありますがカワイイとかオシャレで言えばやはりFUJIFILMのZシリーズに敵はいません。これでもう少し画質が良ければ言うこと無いんですがね。

「超解像技術で簡単キレイに10倍ズーム」と言われても、あの画質ではケータイカメラで納得できなくてデジカメを買ったユーザーに対して説得力が足りない気がします。ちょっと辛口すぎですかね。

正直な感想は・・・

「高性能カメラ機能付きスマホがあれば必要ないかも・・・」

だから私は買いました。
スマホ持ってねーので(^^)ゞ


+50の意味は?

新人ヤメタ━━━━( TДT)━━━━ッ!!
これで休みが消えて定時に帰れね━━━━━━━━ッ!!

4日でアウトでした・・・

・・・ってか、そんなにウチのスタンドってブラックな会社なのかなぁ・・・



「FUJIFILMのA to Z」<EXR編>

画像 008_e

『FUJIFILM FINEPIX Z950EXR』です。『同 Z900EXR』の後継機、と言うかマイナーチェンジ版と言った方が正しいでしょうね。
ところで何故ゆえに50を足して『950』なんだろう?どうせなら『Z990EXR』とかの方が面白いしカッコイイと思うんだけど・・・ま、いいかw

ハード面でZ900からの変更点は特に無く、映像処理エンジンを強化し「超解像ズーム」を搭載してきただけ・・・ですかね。

ま、『FINEPIX Z***EXR』シリーズは元々の画質がソコソコですし、超解像技術と言えどもデジタル処理された画像がそれほど素晴らしい解像度になるとは思えないのですが。

ただ、見もしないで勝手な憶測を走らせるのも気が引けるので、検証の為に入手してみました。それにZ950は持ってなかったのでコレクション目的でもあります。

画像 002_e 画像 007_e お約束のジャンク

電源、撮る、見る、ズーム、フラッシュは異常なしですがタッチパネルの反応箇所が限られているので設定の変更等は無理げ。
それにしてもタッチパネル割れジャンクは本当に安価で入手できます。逆にレンズエラージャンクはお高いんですがねー。

そして今回のドナーはコチラ↓

画像 009_e FINEPIX Z900EXR(動作品)

完全動作品のZ900です。先にも書いた通りZ900とZ950の違いはソフトだけなので部品はほとんど共通です。壊れてないのを部品取りにするのは罪悪感がありますが、この際はドナーにしちゃいましょう。

タッチパネルの移植だけなので以前に当ブログの『FinePix Z900EXRをすり替えよーw』でやった通りものすごく簡単です。仕組みがわかっていれば10分もかからないでしょう。
コチラのゆぴてる様のブログに丁寧で詳細な説明が載っております)

画像 020_e 画像 022_e 画像 017_e ←おっ!?

今回の作業中にブラックの筐体にはちゃんと黒っぽいネジを使用していることを発見。さすがはデザインにこだわるオサレカメラだと感心しました。
(だからといって赤いボディに赤いネジは使ってないw)

画像 023_e 画像 024_e 画像 026_e 画像 028_e
そんなこんなで完成

性能には関係ありませんが、Z900とZ950の最大の違いは前面レンズバリアのメッキモールの有無です。些細な変更点ですがたったこれだけで見た目の高級感が段違いだから不思議っす。

画像 075_e 画像 078_e 画像 089_e わりと美すぃ

早速試し撮りと洒落込みたいんですが、時間切れなので続きはまた次回に。

つーびーこんちぬー




プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。