スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまじぶんにできること


9日の記録的大雨で甚大な被害を被った東北地方の方々にお見舞いを申し上げます。


巷では夏休みが始まりましたが、帰省、旅行、夏イベ、行楽、家族サービスと、たくさんの人とクルマが一度に動く時期ですから、交通事故と水の事故、熱中症にもくれぐれも気をつけて下さい。

特に今年はガソリンが異常に高いので、移動手段はなるべく公共機関を利用した方が良いかもしれません。


私はサービス業の常で相変わらず連休とは無縁の日々を送っておりますが、毎日流れては消えるニュースを見るにつけ「自分はいま何をすべきか」を考えております。

答えは出ませんが、今自分がすべきことは分からなくても今自分に出来る事は頑張ってやろうと。


そんなワケで今の自分に出来る事は、クルマのエアコンをつけるとものすごい音がして困っているお客様を助けることなのです。

画像 014_e

↑今回はクルマのブロアモーター交換を書くつもりでいたのですが・・・・・

天災被害、汚染水流出、記録的猛暑など、様々なニュースを見ているうちに考え込んでしまって頭が疲れてしまいました。

これも夏バテでしょうか?


とりあえず今日も頑張ってお仕事に行くガソスタ店長でした。



スポンサーサイト


本日は日曜日ですので19:30までの営業時間でした。
とはいえ、状況が状況ですからお店には電話番と常連客の給油担当がいればよいので、他のスタッフたちを休ませて
私と日曜専門のアルバイトの二人だけで一日を過ごしました。

なにしろ私も含め全員が一週間ぶっ通しで朝から晩まで働きっぱなしだったのでここらで休ませないと
みんなまいってしまいます。病み上がりも一人いますので。

とは言っても当店は今、開店休業中です。お店を開けたくても開けられない状態が続いています。
店頭に「休業中」の看板を出し、裏口からコッソリとお得意様のみ対応するという不甲斐ない営業をしております。

サービス業でありお客様商売であり、客待ち商売である以上たくさんのお客様に来店してもらいたいと
「どうしたらお客様に来ていただけるか」と、そういう思いで今まで営業を続けてまいりました。

しかし今は「どうすれば客が入って来ないか」と、今までと全く真逆のことばかり考えています。

こんなことは今まで長いことスタンドマンをやってきましたが、はじめてです。



本日は3連休ということもあり、前日深夜から10時間以上並んでる方もいるようでした。
私が出勤したときには他店のスタンドの開店待ちの行列が当店入り口をふさいでしまっていて
車両を少し移動してもらいやっと従業員駐車場に入れたという有様です。

逼迫しているのはわかりますが、もう少し余裕でかまえていても良いのでは?と思います。


石油元売り各社では現在稼動中の製油所で増産がはじまっているようですし、地震後に稼動停止だった所も
各部点検を終えたようで生産を再開した模様です。
後は配送さえ追いつけば・・・という感じです。そこが一番の問題なのですが。
なにしろ入荷待ちのスタンドの数が多すぎるのと、発注数量の多さにタンクローリーの台数が全く足りていないので。

元売り各社および政府の見解では「来週中にも供給は安定する」ということです。
確かにここ数日はタンクローリーの稼動が多いように感じました。

被災地方面が最優先はもちろんですが、このペースで元売りが備蓄を放出してタンクローリーの台数さえ間に合えば
通常営業もそれほど先の話ではないかもしれません。

今週いっぱいなんとかしのげれば状況は好転するのではないでしょうか。
というより、そろそろ落ち着いてもらわないとまともに営業が出来ません。

営業が出来なければ、お客様に迷惑をかけてしまいます。

一日でも早く本来のサービス業としての営業が出来るようになればいいなぁ・・・と思っております。


こんにちは。ガソリンスタンド店長です。

相変わらずの乱痴気騒ぎに早く終止符が打たれる事を願うばかりの繁雑な業務に追われております。

一般ユーザーの方々は今、とてつもなくお困りなのではないでしょうか?
ガソリンスタンドから燃料油(ガソリン、軽油、灯油)が消えている訳ではありません。

開店しているガソリンスタンドが無いのです。「営業中」のお店が全く無いのです。

なぜこんなことが起きたのでしょうか?



当店はフルサービスのガソリンスタンド(以下GS)です。
セルフスタンドと違い、給油中の車の窓ガラスを拭いたり、灰皿の清掃をしたりと言った事はもちろんですが
洗車や日常点検、タイヤの空気圧点検、エンジンルーム内の点検や必要ならばオイルやタイヤの交換等を行っております。


「たったソレだけで1リッターで5~10円も高いガソリンを買うのはイヤだ」
「やれ洗車だ、点検だ、水抜きだ、オイル交換だ等、言われるのがうっとうしく煩わしい」

とゆう理由でセルフのスタンドに行かれるお客様も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?


当店のようなフルサービスのGSが売っているのは値段の高い燃料油だけではありません。
「サービス」と「安心」と「安全」、そして「信用」と「信頼」なのです。

ほとんどのフルサービスGSは「お得意様」という固定顧客を抱えております。
通常の現金価格よりも数円高い燃料代を頂く代わりに、顧客の要望に出来るだけ応えられるように務めております。

正直に言えばこの「固定客」からの利益でフルのGSは成り立っているといっても過言ではありません。
「現金のフリー客」のガソリン代だけでは、まったく利益を得られないのです。

あなたが経営者ならどちらの「顧客」を大事にしますか?私は迷わず「固定客」を大事にします。

いま巷で起きている「開いているスタンドが無い」状態は、まさにソコに理由があります。

普段、大きな利益を頂いている固定客や物流関連会社、緊急車両のためにガソリンや軽油を残しているのです。
わがままを聞き融通を利かせて、固定客に優先的に販売をしているのです。

そしてガソリンを残す為には「開店」出来ないのです。「開店」しようものなら一斉にフリー客が殺到し
たちまち店頭在庫が無くなってしまいます。

GS経営者やスタッフにしてみたら、まさに苦渋の選択を余儀なくされているのです。



よく考えてみて下さい。いま一番困っているのは「普段はセルフGSを利用している人」ではありませんか?

セルフのスタンドは「融通を利かせる必要」がないので、どんなに困っていたって泣き付いたって何もしてくれません。
入荷した僅かな燃料油を売り切って、店頭在庫が無くなれば次回入荷まで休業です。

今回のような非常事態は誰も予想できなかったと思います。
だからこそ今回の事例を教訓にいま一度考えていただきたいと思います。

「馴染みのお店」や「かかりつけの医者」など、昔ながらの考え方や風習を見直してみてはいかがでしょうか?

上手く説明できなくて申し訳ありませんが・・・なんとなく今そう思います。






プロフィール

ss standman

Author:ss standman
・・・現像中・・・

最新記事
リンク
ポチッとおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。